So-net無料ブログ作成

素敵な戒名

IMG_0864.jpg
 
 親・兄弟・いとこだけで葬儀を執り行い、妻は骨になって月島のマンションに帰ってきた。
 うれしいことがあった。以下に説明する。
 戒名などというものはどうでもいいと思っていた。父親の戒名なんて、覚えていない。
 とくに妻には戒名なんて似合わないと思っていた。鈴木家の菩提寺は日蓮宗なのだが、住職に「戒名を付けなくてもいいか」と聞こうと思っていた。
 ふつう、戒名というのは坊さんが決めて、「はい、これですよ」と持ってくる。だが、うちの寺の住職はとても柔軟な、そして思いやりのある人で、候補をいくつか持ってきて、私と娘に決めさせてくれた。
 住職は妻とはほとんど面識がなかったが、新聞の訃報欄を見て下さっていて、また、住職の奥様には何度もお目にかかっていたので、奥様から話を聞いたらしく、「清純で美しい方だったようですね」と言い、破格の戒名を持ってきてくださった。
 きょう初めて知ったのだが、日蓮宗の戒名は ●●院妙●日●居士(大姉)という構成になっているのだそうだ。●には、故人の人柄を偲ばせるような言葉や俗名の一部を入れる。
 最初の部分については、住職が考えてくれたいくつかの候補から、娘と私で「清麗院」というのを選んだ。
 問題はその次で、住職は、妙●となるところをペンネームの「かり」としたらどうかと提案してくれたのである。そして日の後に貴志子の貴を入れたらどうか、と。
 ひらがなの戒名なんて、今まで見たことがない。 
「妙がなくてもいいんですか。ひらがなでもいいんですか」と尋ねると、「いいんです」というお答え。
 というわけで、「清麗院かり日貴大姉」という戒名を付けてくださった。
 これで「かり」という名前を墓に彫ることができる。住職の心配りがうれしくて、思わず泣いてしまった。


nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。